ハンドメイドイベントBlog

ハンドメイドイベント(手作り雑貨市)を主催者視点でお話します。そのほか子育てや日々の中で気になったこと、おすすめなことを書いたりします。

ハンドメイドイベント雑記 出店準備

これも準備?ハンドメイドイベント出店時の服装は?

投稿日:2020-11-25 更新日:

ハンドメイドイベント出店のとき、
皆さんはどんな服装をされていますか?

この記事では、ハンドメイド作家さんの服装についての
意識を調査してみた結果を書かせていただきます。

ハンドメイド作家さんに聞いてみた!

ハンドメイドイベント出店にあたって
ハンドメイド作家さんがどのような感覚で服装をコーディネートされているのかをアンケートしてお聞きしてみました。

お聞きできたのが23名と…
集計の数として少し心もとないかもしれませんが、
なんとなくのバランスは見てとれるのではないかなと思いますので、
少し見てみてください。
(※いずれアップデートできるようにしますね)

ハンドメイドイベントに出店するとき、
服装はどのようにコーディネートされていますか?

この見出しのような設問を設けてアンケートさせていただきました。

その結果が下の円グラフになります。

回答としては
・「その時々の好きな服装」という意見が最も多く約43%
次いで
・「普段通り」が約26%でした。

この2つの項目に約70%の回答が集まった結果になりました。

余談ですが私個人、時折、
主催者ではなく出店者としてコーヒーショップを露店で出店することがあります。
その際はユニフォーム的に着ている服があるので、
アンケート前の予想では「自分の作品の世界観に合わせている」という回答が多くなるのかなと、勝手に想像していました。

なので、
今回のアンケート結果は、とても新鮮でした!

ハンドメイドイベント出店時の服装で
ハンドメイド作家さんが主眼に置いていること

・「その時々の好きな服装」約43%
・「普段通り」約26%
合計で約70%にもなるのは、どういうことでしょうか?

ハンドメイド作家さんに、
いくつか聞き取りさせていただきました。

  • 動きやすい服装が良い
  • 足さばきのよい服装
  • エチケット。相手に不快感を与えないように気を付けている
  • あまり派手にならないように気を付けている
  • 地味過ぎないようにしている
  • ラフ過ぎないこと
  • カジュアル過ぎないこと
  • きどらない服装
  • 服装に理由はないが、自分の作品(アクセサリー)を1点は身につけるようにしている(映えるようにしている)
  • 自分の作ったピアスと合う色合いの服を選んでいます
  • 少々汚れても良い色合いの服
  • 部屋着のように見えない服を選んでいる
  • 気温の調整(暑さ、寒さへの対策)

総合すると

動きやすくて
華美になり過ぎず
自分の作品も映えて
少々汚れても大丈夫で
厚着(薄着)しても全体的なバランスは取れている服装

ということになります。

要素だけを取り出して見てみると
とても合理的に考えられてますね。

「おすすめコーディネート!」みたいな記事ではないので、
そのようなことは書けませんが、
ハンドメイドイベントに初めて出店される方の服装選びの考え方として、
何かしらのヒントになるのではないでしょうか。

余談ですが…

「自分の作品の世界観に合わせている」と回答された作家さんで
洋服を作られている方がいらっしゃいました。

「自分で作った服を必ず着るようにしています」とのこと。

すごく納得のいくお答えでした。
上記でもアクセサリー作家さんが、
ご自身の作品と洋服を合わせたコーディネートしているという回答がありました。
お客様にイメージしていただくには、
ディスプレイしているだけでは伝わりにくい点があろうかと思います。
そこで実際に身につけたり、着てみたりすることで、
使用したときのイメージをお伝えできますよね。

とても理にかなった服装へのお考えだと思います。

また「その他」にされたハンドメイド作家さんで
興味深かったご意見が
「自分の運気を高めてくれる赤色の服をよく着ています」というものがありました。

なんでも、「お客様に少しでも覚えてもらえるように」との思いも込めてらっしゃるということですが、最近は赤色コーディネートを褒めてくださるお客様が増えてきたそうです。
「類は友を呼ぶ」ではないですが、
服装を褒めてくださるお客様って、
きっとそのハンドメイド作家さんのことも作品の世界観も好きなんだろうなと思います。
もしくは、好きになる要素をいっぱいお持ちなんだろうなと思います!

まとめ

回答で「自分の作品の世界観に合わせている」にチェックされたハンドメイド作家さんに理由を尋ねてみました。

「作家ぽくなるように心がけています!」とのことでした。

お聞きした瞬間、とっても大事なことを言われたな~と感じました。
そして、回答くださったハンドメイド作家さんを改めて見まわしてみました。

ハンドメイドイベントという「場」が
そうさせている部分はあるかもしれませんが、
作家然とした雰囲気が
ハンドメイド作家さん個々が積み重ねられてきたものや
各ブースのディスプレイであったり各人の服装から
しっかりにじみ出ているなと感じました。

アンケートの回答として
「普段どおり」「その時々の好きな服装」であったとしても
着られている服装は、
ご自身のハンドメイド作品の世界観とぴったりだし、
「作家ぽさ」はしっかり表現されてらっしゃるものなんですね!

なので、
服装と作品の世界観、ディスプレイの世界観は
つながっているんだなと実感できたアンケートとなりました。
(少し自己満足が入ってしまいました)

初出店に向けた一連の流れをまとめています。
ササっと読みたい方は、コチラがおすすめです!

最新記事

-ハンドメイドイベント雑記, 出店準備

執筆者:

関連記事

名言に学ぶ!ハンドメイド作家さんが「失敗しても大丈夫」と思える気持ちの持ち方

人は何かをしようとするとき意識してか無意識か分かりませんが、 …

ハンドメイド作品にちょうどよい値段をつけよう

ハンドメイドイベント出店初心者さんが最も悩まれるのは、自分の …

【withコロナ】コロナ禍のハンドメイドイベント出店で作家さんができる6つのこと

新型コロナウイルスの第1波が過ぎ去って、緊急事態宣言も解除さ …

屋外開催のハンドメイドイベント必須の準備物、タープテント!

屋外開催のハンドメイドイベントへ出店するに際して、準備しなけ …

ハンドメイドイベントで足を止めてもらうための3つのコト

ハンドメイドイベントの世界は、テーブルを用意して、そこに作品 …

プロフィール

masaoプロフィール

1976年生まれの辰年。かに座。A型。
「何かをしたいを思ったときが、それをする適切なタイミング」と信じているのんびり屋。

趣味:読書。主に重厚な歴史小説。長男と一緒に遊ぶこと。

ハンドメイドイベントを2009年から主催し続けています。作家さんとの出会いが毎回楽しくて止められません!